福知山市 明智光秀が築いた城下町、福知山

Akechi river side

明智藪

”名君光秀”を伝える竹藪 川のほとりでホッと一息

明智光秀が城下町を守るため築いた藪

丹波平定後、福知山城を築城した明智光秀は、由良川と土師川が合流し常に水害に見舞われていた城下町を守るため、「明智藪」を築いたといわれています。
かつては、おおよそ500メートル、幅10から30メートルに及びましたが、現在は北端が残るのみで、野鳥の営巣地としても知られています。
ただし、天正十年(1582年)6月、山崎の合戦で敗れた光秀が坂本城を目指す途中、一揆に襲われ絶命したといわれる、京都山科の小栗栖(京都市伏見区)の竹藪も「明智藪」と呼ばれており、それと区別するため「光秀堤(みつひでつつみ)」と呼ばれることもあります。
かつては、その地名から「蛇ヶ端御藪」と呼ばれていた福知山の「明智藪」は、光秀を慕い命名され、それが広く流布したもので、今となっては通称名として広く定着し、多くの市民に親しまれています。

明智光秀が城下町を守るため築いた藪
LINEで友だち登録!!
LINEで友だち登録!!