岐阜市 戦国武将ゆかりの地 岐阜

Kawara city

川原町界隈

江戸時代からの古いまちなみ

岐阜市において、江戸時代からの古いまちなみが最もまとまって残っているのが川原町です。「川原町」は現在の湊町、玉井町、元浜町などの総称で、震災や、戦争の被害を免れたため、江戸時代から明治時代の格子戸の商家・町屋が見られます。この地に最初に川湊を作ったのは斎藤道三とされ、それ以降、水運が盛んになり、長良川上流からは木材・竹材・美濃和紙などが集まり、材木問屋や紙問屋が並びました。

江戸時代からの古いまちなみ
LINEで友だち登録!!
LINEで友だち登録!!