亀岡市 本能寺の変出陣の地 光秀公のまち亀岡

Going down Hozu river

保津川下り

創業400年・日本最古の川下り 保津川下り

無形民俗文化財に指定された操船技術

世界的に知られている保津川下りには、毎年多くの観光客が訪れます。亀岡から嵐山までの約16kmを約2時間かけ、熟練の船頭の手で巧みに操られた船が渓谷の中をすり抜けていきます。その操船技術は、亀岡市無形民俗文化財にも指定されています。

次々と現れる巨岩や奇岩、約10カ所の急流では、豪快に水しぶきを上がり、同じ場所に竿を突くためできた岩のくぼみは、その歴史の長さを物語ります。


圧倒的な自然美はもちろん、船頭の軽妙な語り口や売店船の風情なども、船旅を盛り上げ、旅行者に各地の魅力伝える旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド」においては、1つ星を獲得しました。

料金:大人 4,100円 小人 2,700円
定期船1名4,100円、貸切船1隻82,000円(1隻17名まで)
※定期船の予約は10名以上から、冬期お座敷暖房船は1名から予約可
お問い合わせ:0771-22-5846
※12月29日~1月4日は運休、雨・増水により運航中止となる場合があるため、詳しくはホームページをご覧ください。
ホームページ https://www.hozugawakudari.jp/

無形民俗文化財に指定された操船技術

LINEで友だち登録!!
LINEで友だち登録!!