可児市 明智光秀生誕の地、岐阜県可児市

Gifu kani drama hall

【5月22日再開】麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館

かっこいい!戦国武将明智光秀

史実とドラマの世界をかけあわせて「麒麟がくる」の魅力を伝える

【5月22日再開】新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館の臨時休館としておりましたが、緊急事態宣言の解除をうけて5月22日より再開いたします。


大河ドラマ「麒麟がくる」の放送に合わせて、花フェスタ記念公園花のミュージアム内に2020年1月11日(土)から2021年1月11日(月・祝)までオープンします。「かっこいい!戦国武将明智光秀」をコンセプトに、ドラマの主人公・光秀と、それを取り巻く戦国武将たちについての紹介やドラマに登場する年表や人物相関図も展示し、史実とドラマの世界をかけあわせて「麒麟がくる」の魅力を伝えます。また、ドラマで登場する衣装や、ドラマ風景のジオラマを展示し世界観の再現などが楽しめます。ドラマの登場人物になりきって撮影ができるコーナーを設け、キャストへの応援メッセージを書くこともできます。
 大河ドラマ館付近には、明智光秀の生涯を辿る独自の企画展や、可児才三になりきり明智光秀と戦うVRゲーム、戦国ムードの中でグルメやお土産を楽しめるスペースがあります。
 可児市のドラマ館は、明智光秀の生誕地である明智荘(あけちのしょう)です。周辺には、光秀が生まれてから約30年間過ごした城と伝えられる明智城跡や、明智氏歴代の墓所があり本堂には日本一大きい明智光秀の位牌(184㎝)が納められている天龍寺などを散策するコースもあります。
入場料は大人500円、小中高生200円です。

史実とドラマの世界をかけあわせて「麒麟がくる」の魅力を伝える

LINEで友だち登録!!
LINEで友だち登録!!