南丹市 「ひと足延ばせば 違う京都」

Ruri Valley

るり渓

るり色に輝く渓谷

滝や岩などが見せる見事な渓谷美

るり渓は標高340~530mほどの起伏の緩やかな山地にできた渓谷で、国の名勝地にも指定されている京都府立自然公園です。「るり」とは紫色をおびた紺色の宝石のことで、明治時代の船井郡長が、その美しさに感動して命名したといわれています。

鳴瀑(めいばく)・掃雲峰(そううんぽう)・錦繍巖(きんしゅうがん)・座禅石(ざぜんせき)・螮蝀泉(たいとうせん)・渇虯澗(かっきゅうかん)・双龍淵(そうりゅうえん)・玉走盤(ちょくそうばん)・水晶簾(すいしょうれん)・燗柯石(らんかせき)・会仙巖(かいせんがん)・通天湖(つうてんこ)のるり渓12勝といわれる滝や岩などが見事な渓谷美を見せています。

渓流沿いには、渓流歩道が整備され四季を通じてハイキングを楽しむことができます。また、平成8年に環境庁の「残したい日本の音風景百選」にも選ばれました。

近くには、るり渓温泉があり、宿泊や日帰り温泉を楽しむことができます。大浴場や水着で楽しむバーデゾーン・プール、リラクゼーションプレイルームなど温泉を丸ごと堪能できる施設になっており、ほかにも、グランピング施設やBBQ広場、京都イルミネーション シナスタジアヒルズなど楽しめます。

滝や岩などが見せる見事な渓谷美

LINEで友だち登録!!
LINEで友だち登録!!