大津市

Seian Temple & Syoujuraigou Temple

盛安寺・聖衆来迎寺

光秀ゆかりの寺院「盛安寺」「聖衆来迎寺」

光秀ゆかりの寺院

明智光秀を城主とする坂本城の周辺地域には、光秀ゆかりの寺院が多数あります。ここでは、「盛安寺」、「聖衆来迎寺(しょうじゅらいこうじ)」を紹介します。

盛安寺は、越前朝倉氏の家臣である杉若盛安(すぎわかせいあん)が再興したといわれる天台真盛宗の寺院です。光秀の祈願所となっていたと伝わっていることから「明智寺」とも呼ばれることがあります。ここには、坂本城にあったと伝わる「明智の陣太鼓」が残されています。

光秀ゆかりの寺院

聖衆来迎寺は、比叡山の東麓に所在する天台宗の寺院です。その表門は、坂本城の城門を移築されたものと伝えられています。
また、境内には、織田信長の家臣・森可成(よしなり)(蘭丸の父)の墓があり、次のような逸話が残されています。可成は、元亀元年(1570)、信長と敵対していた浅井・朝倉軍勢との戦いに敗れ、坂本で戦死を遂げました。聖衆来迎寺は浅井・朝倉方に味方する立場にありましたが、当時の住職は、可成の死をいたみ、遺体を同寺に葬りました。家臣を弔ったことに恩義を感じた信長は、翌年、比叡山焼き討ちを命じるにあたり、聖衆来迎寺だけは焼き払わなかったといわれています。

LINEで友だち登録!!
LINEで友だち登録!!