近江八幡市 織田信長公最後の居城地「安土」、「近江八幡」

Oumi merchant's city

近江商人の町並み

織田信長公が安土城下で実施させた「楽市楽座」の精神を受け継ぐ、近江商人の町並み

八幡商人の街並み

織田信長公亡き後、天正13年(1585)豊臣秀次公は、八幡山城築城とともに八幡堀を掘削して湖上交通の要衝とし、安土や近郷の住民を八幡山城下に集め、楽市楽座制を引きつぎ、商業都市としての礎を築きました。
その後、近江商人の一つ「八幡商人」として発展を遂げます。八幡商人は、近江商人の中でも最も早い時期に活動し、海外進出を果たしたのもこの地の出身者でした。江戸出店も最も早く、伴庄右衛門、西川利右衛門、西川庄六、などの八幡商人が活躍しました。八幡山を望む新町通りや永原町通りには、古い商家とともに格子戸や見越しの松など、往時の暮らしぶりが色濃く残り、景観だけではく、文化財としても重要なものであり、「重要伝統的建造物群保存地区」として町並み保存がなされています。
これらの商家の一部は、「近江八幡市立資料館」や「旧伴家住宅」など、往時をしのぶ帳場風景や生活様式をそのまま残し、民俗資料を展示する資料館として見学することができます。

八幡商人の街並み

LINEで友だち登録!!
LINEで友だち登録!!